どこを重視する?結婚式での節約ポイント

節約は準備段階から始まる

結婚式での大きな節約ポイントとなるのが手作り出来る所は徹底して手作りすることですが、結婚式が決まったら友人の招待状、座席表、席札といった準備物が欠かせませんよね。式場では何種類ものデザインが用意されていますが、もちろんデザインに応じて金額も様々です。自分のお気に入りのデザインで節約するのであれば、手作りで手配するのがおすすめです。バラエティショップや雑貨店には結婚式コーナーがあり招待状等の素材が販売されています。また、印刷店でも受け付けている所もあるので上手く活用すれば、気に行ったデザインで節約することも出来ます。席札はあえて手書きで準備してみるのも心がこもったおもてなしとしてゲストに喜ばれます。

演出面での節約法とは

当日の演出で手作りできる部分といえば第一にオープニングムービーや生い立ちムービー、エンドロールといった映像演出に関わる部分です。式場によっては2本以上注文すれば割引のサービス等を行っていますが、ムービーは一本当たりの単価が高いので、自分たちで作成することによって大幅に節約出来ます。
第二にゲストの退場の際に配るプチギフトです。既にラッピングされたものが販売されていますが、自分たちでお菓子を混ぜて袋詰めしたり、新郎新婦の出身地の特産品を用意してみたり、既製品に手作りのタグを付けてみたりと手作りの方法は様々です。あえて手作りにすることで、新郎新婦の二人らしい感謝の気持ちを伝えられる良い演出になりますよね。

結婚式場を選ぶ際には、まず希望する挙式スタイルを決定し、その挙式が行えるかどうかを確認します。また料理の内容や、招待するゲストの人数に合う会場があるかどうかも大事なポイントです。